“二刀流”進化で大幅増確実 ハム大谷「来季年俸」いくら?

公開日:  更新日:

 投打は言うまでもなく、「走」でもファンの目を引きつけた。

 19日の中日戦に「5番投手」として先発した日本ハムの大谷翔平(21)。投げては8回2安打無失点、今季最多の12奪三振と好投すれば、打っては2打数1安打。四球で出塁した六回にはレアードの左翼線二塁打で一塁から激走し、先制のホームを踏んだ。

「今日は長い回を投げたかったので、(力を)抜きながら投げました」とは試合後の大谷だ。

 これで6勝4敗、防御率2.21。打者としても9本塁打、24打点だ。常識の枠を超える活躍を続け、不可能と思われた二刀流も実現。当然、年俸もケタ外れに跳ね上がることは間違いない。

 今季年俸2億円の大谷の査定は、日ハム時代のダルビッシュ(現レンジャーズ)がモデルケースになっているという。2人の年俸の推移を見ると、1年目の1500万円、2年目の3000万円までは同じ。3年目はダルの7200万円に対し、大谷は1億円。これは10本塁打を打った打者としての貢献度が大きく加味されたためだ。そして4年目は2億円で並ぶ。昨季の大谷と3年目のダルの成績を比べると、共に15勝5敗だが、防御率はダルに軍配。大谷は打者として打率2割と落ち込んだこともあり、査定に差が出たようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る