• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

14連勝でSBに5.5差 ハム逆転Vに「可能性ある」と評論家

「とくに投手がしっかりしてきた。投打において非常にバランスがいい」

 こう語るのは、評論家の山崎裕之氏だ。

 日本ハムが10日のロッテ戦にサヨナラ勝ちし、球団記録に並ぶ14連勝を達成。ホームでの500勝のメモリアル勝利を劇的に飾り、栗山監督は「選手が自分の役割を果たそうと、集中力が増している」と言った。

 先発の大谷が七回途中にマメをつぶして緊急降板するなど、一時は5点差をつけられたが、九回2死から田中賢の本塁打で同点に追いつくと、延長十二回にレアードがサヨナラ本塁打。07年に続く14連勝に、当時も主力でプレーしていた田中賢は、「(当時よりも)勢いがある。破壊力がある。大量失点で負けていても逆転するんじゃないかという雰囲気がある。メモリアルな日に劇的な勝ち方。我ながら凄いなと思う」と、興奮しきりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る