羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

武藤の逆転負け 勝つには「上がり3ホール」が重要だった

公開日: 更新日:

 日本プロゴルフ選手権の結果にはビックリしました。雷雨による2度の中断で試合進行が遅れて、生中継が15番で終わった時には武藤俊憲が24アンダー、谷原秀人が20アンダーと4打差もありました。普通に考えたら残り4ホールで武藤の優勝だな、と誰もが疑わなかったはずです。
<…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  7. 7

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

もっと見る