次戦米国に“203cmの強敵” 女子バスケの快進撃ここまでか

公開日:  更新日:

 世界ランク16位の女子バスケット代表が、リオ五輪のグループA組で世界4位のフランスを破って準々決勝進出はビッグニュース。しかし、日本時間15日の中国戦での五輪5連覇中の米国選手のプレーぶりを見ると、17日の準々決勝でB組1位の米国と顔を合わせる日本は「何点取れるのか?」「どれだけ失点するのか?」と不安になってしまう。

 米国の先発5人の平均身長は187.2センチ。対する世界8位の中国は188.8センチ。高さに分があるのは中国だが、個々の選手のスピード、俊敏性、スキルなどは完全に見劣りした。中でも米国のセンターを務める身長203センチ、体重94キロのグリナー(25)のプレーは“圧巻”のひと言だ。

 たとえば第3クオーターでのワンシーン。グリナーとともに「中国戦最多の18得点」を決めたチャールズ(27)がシュート。リングを直撃してリバウンドの争いと思われたが、ジャンプしたグリナーは、ボールをポンと押し出すようにしてシュート。あっさり2点追加である。このプレーの直後。ポイントガードのバード(35)が左サイドでチャンスをうかがっていると右サイドからグリナーが中国選手の間にスルスルっと進入し、リング下でボールを受けるとフリーでシュート。スピーディーで華麗なプレーに中国選手はお手上げだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る