次戦米国に“203cmの強敵” 女子バスケの快進撃ここまでか

公開日:  更新日:

 世界ランク16位の女子バスケット代表が、リオ五輪のグループA組で世界4位のフランスを破って準々決勝進出はビッグニュース。しかし、日本時間15日の中国戦での五輪5連覇中の米国選手のプレーぶりを見ると、17日の準々決勝でB組1位の米国と顔を合わせる日本は「何点取れるのか?」「どれだけ失点するのか?」と不安になってしまう。

 米国の先発5人の平均身長は187.2センチ。対する世界8位の中国は188.8センチ。高さに分があるのは中国だが、個々の選手のスピード、俊敏性、スキルなどは完全に見劣りした。中でも米国のセンターを務める身長203センチ、体重94キロのグリナー(25)のプレーは“圧巻”のひと言だ。

 たとえば第3クオーターでのワンシーン。グリナーとともに「中国戦最多の18得点」を決めたチャールズ(27)がシュート。リングを直撃してリバウンドの争いと思われたが、ジャンプしたグリナーは、ボールをポンと押し出すようにしてシュート。あっさり2点追加である。このプレーの直後。ポイントガードのバード(35)が左サイドでチャンスをうかがっていると右サイドからグリナーが中国選手の間にスルスルっと進入し、リング下でボールを受けるとフリーでシュート。スピーディーで華麗なプレーに中国選手はお手上げだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る