世界2位豪州に惜敗も 日本女子バスケ決勝T進出への勝算

公開日:  更新日:

 もう一歩、いやもう半歩で大金星だった。

 世界ランキング16位ながら、リオ五輪で世界2位の優勝候補オーストラリアを追い詰めた日本女子バスケット代表のことである。

 ベラルーシ、ブラジルとランク上位国を撃破した日本女子は日本時間12日早朝のオーストラリア戦前、ブラジルがフランスに敗れたことでグループリーグA組4位以上が確定。5大会ぶりの決勝トーナメント進出が決まった。

 気分も上々の女子バスケの面々は、前半を50―48で折り返すと第3クオーターで一気に攻勢をかけ、終了時には71―59と大量リード。ジャイアントキリングが目の前だった。

 しかし、強豪オーストラリアの底力はホンモノだった。身長203センチのキャンベージが、その高さを存分に発揮してゴールを重ねる。平均身長がA組最下位の177センチの日本は結局、86―92と6点差をつけられたところでタイムアップだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る