世界2位豪州に惜敗も 日本女子バスケ決勝T進出への勝算

公開日:  更新日:

 もう一歩、いやもう半歩で大金星だった。

 世界ランキング16位ながら、リオ五輪で世界2位の優勝候補オーストラリアを追い詰めた日本女子バスケット代表のことである。

 ベラルーシ、ブラジルとランク上位国を撃破した日本女子は日本時間12日早朝のオーストラリア戦前、ブラジルがフランスに敗れたことでグループリーグA組4位以上が確定。5大会ぶりの決勝トーナメント進出が決まった。

 気分も上々の女子バスケの面々は、前半を50―48で折り返すと第3クオーターで一気に攻勢をかけ、終了時には71―59と大量リード。ジャイアントキリングが目の前だった。

 しかし、強豪オーストラリアの底力はホンモノだった。身長203センチのキャンベージが、その高さを存分に発揮してゴールを重ねる。平均身長がA組最下位の177センチの日本は結局、86―92と6点差をつけられたところでタイムアップだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る