日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界2位豪州に惜敗も 日本女子バスケ決勝T進出への勝算

 もう一歩、いやもう半歩で大金星だった。

 世界ランキング16位ながら、リオ五輪で世界2位の優勝候補オーストラリアを追い詰めた日本女子バスケット代表のことである。

 ベラルーシ、ブラジルとランク上位国を撃破した日本女子は日本時間12日早朝のオーストラリア戦前、ブラジルがフランスに敗れたことでグループリーグA組4位以上が確定。5大会ぶりの決勝トーナメント進出が決まった。

 気分も上々の女子バスケの面々は、前半を50―48で折り返すと第3クオーターで一気に攻勢をかけ、終了時には71―59と大量リード。ジャイアントキリングが目の前だった。

 しかし、強豪オーストラリアの底力はホンモノだった。身長203センチのキャンベージが、その高さを存分に発揮してゴールを重ねる。平均身長がA組最下位の177センチの日本は結局、86―92と6点差をつけられたところでタイムアップだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事