バスケ男子連敗で世界最終予選敗退 リオ五輪“消滅”決定

公開日: 更新日:

 女子代表に続くことはできなかった。

 男子バスケットボールのリオ五輪世界最終予選は6日(日本時間7日未明)、1次リーグを行い、B組の日本はチェコに71-87で敗戦。2戦2敗のB組最下位に終わり、五輪出場を逃した。

 チェコ相手に試合開始早々から主導権を握られると、35-48と13点差をつけられて前半を折り返した。後半に入って渡辺雄太(21=米ジョージ・ワシントン大)が10得点、7リバウンドを決めるなど巻き返したが、最後は及ばなかった。

 これまで同大会でのアジア勢の戦績は8戦全敗。日本は76年モントリオール大会以来、9大会ぶりの五輪出場を目指したが、世界の高い壁に阻まれた。

 ベテランの田臥勇太は「悔しい結果ではありましたけど、先につながる大会になったと思う」と話したが、20年東京五輪は開催国枠で出場できる保証はない。

 来季から始まる19年W杯の大陸予選の結果次第では男子バスケットボールは東京五輪出場も危うい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  4. 4

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  8. 8

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  9. 9

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  10. 10

    前澤氏と破局…剛力彩芽が目指すべきは上戸彩の「昼顔妻」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る