全勝優勝で綱取りへ 豪栄道を襲う未曽有のプレッシャー

公開日: 更新日:

 奇跡か実力か。9月場所で自身初の賜杯を抱いた大関豪栄道(30)。カド番力士の全勝優勝は史上初だ。

「(14日目に優勝が決まって)気持ちが切れたけど、(千秋楽は)控えに入った時点で気持ちが入った。大満足です」

 と、安堵した豪栄道。来場所は綱とりがかかるが、果たして昇進は可能か不可能か。

 ある親方は「今場所の内容なら可能でしょう」と、こう話す。

「昨年5月に剥離骨折した左肩も癒え、ようやく持ち味である攻めの相撲が取れるようになった。受けに回ると脆いが、攻め続ける限りはそうそう負けませんよ」

 しかし、この親方は「問題は実力を100%発揮できるかどうか、ですよ」と、続ける。

「綱とりともなれば、場所前どころか秋巡業から連日、多数の報道陣に囲まれることになる。毎日のように『綱とり』の言葉も聞かされるでしょう。大関で優勝経験5回の魁皇(現浅香山親方)でさえも、『自分のペースで調整ができない』と苦しみ、2場所連続優勝はかなわなかった。まして、豪栄道にとっては初めての経験。大関に昇進した時も、直前の場所は8勝7敗。誰も注目せず、大きな重圧がないまま昇進していますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る