日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カブス優勝に貢献 ゾブリスト飛躍の裏に日本人野手の存在

 主砲が勝負強さを発揮して「ヤギの呪い」を解いた。

 2日(日本時間3日)のワールドシリーズ第7戦、延長十回にカブスのベン・ゾブリスト内野手(35)がインディアンスの4番手右腕ショーから決勝の左前適時打を放ってケリを付けた。今シリーズは通算28打数10安打の打率3割5分7厘と大当たり。チームに108年ぶりの世界一をもたらし、MVPに選ばれた。

 昨オフ、ロイヤルズから移籍したゾブリストは過去8年間で09年にマークした打率2割9分7厘、27本塁打が最高成績。今季レギュラーシーズンは主に4番を務めながら、打率2割7分2厘、18本塁打、76打点と主砲にしては物足りない数字だった。メジャーきっての策士として知られるジョー・マドン監督はしかし、バント、エンドランなど小技も利くゾブリストの持ち味を生かし、主砲というよりも「つなぎの4番」として位置付けた。指揮官の狙い通り、ゾブリストはレギュラーシーズンで再三、好機を演出し、最後の大舞台でも勝負強さを発揮した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事