• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カブス優勝に貢献 ゾブリスト飛躍の裏に日本人野手の存在

 主砲が勝負強さを発揮して「ヤギの呪い」を解いた。

 2日(日本時間3日)のワールドシリーズ第7戦、延長十回にカブスのベン・ゾブリスト内野手(35)がインディアンスの4番手右腕ショーから決勝の左前適時打を放ってケリを付けた。今シリーズは通算28打数10安打の打率3割5分7厘と大当たり。チームに108年ぶりの世界一をもたらし、MVPに選ばれた。

 昨オフ、ロイヤルズから移籍したゾブリストは過去8年間で09年にマークした打率2割9分7厘、27本塁打が最高成績。今季レギュラーシーズンは主に4番を務めながら、打率2割7分2厘、18本塁打、76打点と主砲にしては物足りない数字だった。メジャーきっての策士として知られるジョー・マドン監督はしかし、バント、エンドランなど小技も利くゾブリストの持ち味を生かし、主砲というよりも「つなぎの4番」として位置付けた。指揮官の狙い通り、ゾブリストはレギュラーシーズンで再三、好機を演出し、最後の大舞台でも勝負強さを発揮した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る