WS第1戦に先発 カブス左腕レスターの「がん闘病秘話」

公開日: 更新日:

 実に108年ぶりの世界一を目指すカブスのジョー・マドン監督がワールドシリーズ初戦のマウンドを託したのはエース左腕ジョン・レスター(32)。

 レギュラーシーズンは32試合でリーグ2位の19勝(5敗)をマーク。防御率2.44(リーグ2位)と安定した投球で投手陣を牽引した。今ポストシーズンは、ここまで2戦負けなしで、ナ・リーグ優勝決定シリーズのMVPに選ばれた。

 14年オフに6年総額1億5500万ドル(約162億円)で契約。今やメジャーを代表する左腕の一人だが、レッドソックス時代には闘病生活を強いられた過去がある。

 ベラミン高校(ワシントン州)から02年のドラフト2巡目(全体57位)で入団。メジャーデビューは06年と順調に昇格を果たすも、その年の8月に血液のがんである悪性リンパ腫を患った。抗がん剤治療を受けて完治したものの、薬の副作用から毛髪は抜け落ち、体重は20キロ近くも激減。リハビリとともに球威を取り戻すのに時間がかかり、メジャー復帰までに1年近くを要した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る