108年ぶりWS制覇狙うカブスは監督のギャラもケタ違い

公開日:

 メジャーリーグのワールドシリーズは、カブスが投打の主力の活躍で1勝1敗のタイとした。

 26日(日本時間27日)の第2戦は先発した昨季のサイ・ヤング賞右腕アリエッタが5回3分の2を2安打1失点。立ち上がりに2四球を与えただけで、その後は凡打の山を築く。六回1死から二塁打を許すと、自身の暴投も絡んで1点を返されたが、エースとして最低限の責任を果たした。

 打っては今シリーズ直前に左膝靱帯損傷から復活したばかりのDHシュワーバーが2安打2打点をマークして相手投手陣を攻略した。

■編成責任者は5年で19億円

 メジャーはフロントが監督選びも含めたチーム編成の全権を掌握し、監督は与えられた戦力を生かして勝利を目指す。どちらも重要な役割とはいえ、今回、108年ぶりのワールドシリーズ制覇を目指すカブスが編成トップと監督につぎ込んでいる金額はケタ違いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る