108年ぶりWS制覇狙うカブスは監督のギャラもケタ違い

公開日: 更新日:

 メジャーリーグのワールドシリーズは、カブスが投打の主力の活躍で1勝1敗のタイとした。

 26日(日本時間27日)の第2戦は先発した昨季のサイ・ヤング賞右腕アリエッタが5回3分の2を2安打1失点。立ち上がりに2四球を与えただけで、その後は凡打の山を築く。六回1死から二塁打を許すと、自身の暴投も絡んで1点を返されたが、エースとして最低限の責任を果たした。

 打っては今シリーズ直前に左膝靱帯損傷から復活したばかりのDHシュワーバーが2安打2打点をマークして相手投手陣を攻略した。

■編成責任者は5年で19億円

 メジャーはフロントが監督選びも含めたチーム編成の全権を掌握し、監督は与えられた戦力を生かして勝利を目指す。どちらも重要な役割とはいえ、今回、108年ぶりのワールドシリーズ制覇を目指すカブスが編成トップと監督につぎ込んでいる金額はケタ違いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  7. 7

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る