108年ぶりWS制覇狙うカブスは監督のギャラもケタ違い

公開日:

 メジャーリーグのワールドシリーズは、カブスが投打の主力の活躍で1勝1敗のタイとした。

 26日(日本時間27日)の第2戦は先発した昨季のサイ・ヤング賞右腕アリエッタが5回3分の2を2安打1失点。立ち上がりに2四球を与えただけで、その後は凡打の山を築く。六回1死から二塁打を許すと、自身の暴投も絡んで1点を返されたが、エースとして最低限の責任を果たした。

 打っては今シリーズ直前に左膝靱帯損傷から復活したばかりのDHシュワーバーが2安打2打点をマークして相手投手陣を攻略した。

■編成責任者は5年で19億円

 メジャーはフロントが監督選びも含めたチーム編成の全権を掌握し、監督は与えられた戦力を生かして勝利を目指す。どちらも重要な役割とはいえ、今回、108年ぶりのワールドシリーズ制覇を目指すカブスが編成トップと監督につぎ込んでいる金額はケタ違いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る