• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャーWSは最終戦へ インディアンvsカブスなぜ高視聴率

 長らく世界一の座から遠ざかっているチーム同士のワールドシリーズが、米国中のファンの目をクギ付けにしている。シカゴ・カブスとクリーブランド・インディアンスで争われているメジャーリーグのワールドシリーズは、第7戦で勝負がつくことになった。

 複数の米メディアによれば、カブスが3対2でインディアンスを下した第5戦のテレビ視聴率は15.3%。同時間帯のNFL「サンデーナイト・フットボール」(イーグルス対カウボーイズ)の11.6%を上回ったという。ワールドシリーズの視聴率が「サンデーナイト・フットボール」を上回るのは13年のカージナルス対レッドソックスの第4戦以来。ワールドシリーズの15.3%は、03年のマーリンズ対ヤンキース戦の15.4%以来のよい数字というから人気ぶりがうかがえる。

 インディアンスが勝てば68年ぶり、カブスなら108年ぶりの世界一になる。中でもカブスがヤギを連れたファンの入場を拒んだために世界一の座から遠ざかったといわれる「ヤギの呪い」は解けるかと注目されているが、「今回のシリーズが人気の理由はそれだけではないでしょう」とアメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る