メジャーWSは最終戦へ インディアンvsカブスなぜ高視聴率

公開日: 更新日:

 長らく世界一の座から遠ざかっているチーム同士のワールドシリーズが、米国中のファンの目をクギ付けにしている。シカゴ・カブスとクリーブランド・インディアンスで争われているメジャーリーグのワールドシリーズは、第7戦で勝負がつくことになった。

 複数の米メディアによれば、カブスが3対2でインディアンスを下した第5戦のテレビ視聴率は15.3%。同時間帯のNFL「サンデーナイト・フットボール」(イーグルス対カウボーイズ)の11.6%を上回ったという。ワールドシリーズの視聴率が「サンデーナイト・フットボール」を上回るのは13年のカージナルス対レッドソックスの第4戦以来。ワールドシリーズの15.3%は、03年のマーリンズ対ヤンキース戦の15.4%以来のよい数字というから人気ぶりがうかがえる。

 インディアンスが勝てば68年ぶり、カブスなら108年ぶりの世界一になる。中でもカブスがヤギを連れたファンの入場を拒んだために世界一の座から遠ざかったといわれる「ヤギの呪い」は解けるかと注目されているが、「今回のシリーズが人気の理由はそれだけではないでしょう」とアメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る