直前に佐々木を回避…阪神ドラ1で大山獲得の“真相と今後”

公開日: 更新日:

「そりゃあサプライズやろ。虎番もビックリしてたぐらいやからな」

 ある阪神OBがこう語るのは、20日に行われたドラフト会議における阪神の1位指名についてだ。OBの間では、いまだに「なぜ佐々木じゃなかった?」との声がくすぶっているのだ。

 阪神は当初、1位指名は桜美林大の150キロ右腕・佐々木千隼に決めていた。ところが、直前情報で方針を変えたという。

 別のOBがこう言う。

「ドラフト前は他球団の指名選手をシミュレーションするのだが、田中正義(創価大)を1位指名で行くとみていたある球団が、当たりくじを引けなかった場合は大山を外れ1位で指名するという情報を得たようだ。情報が確かなら、1位で佐々木が取れたとしても2位指名の時には大山はいない。そこで大山を1位指名した。それだけ金本監督は大山に惚れ込んでいたのだろう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る