桜美林大・佐々木は? ドラフト“外れ1位”大化けの条件

公開日: 更新日:

 さる20日のドラフトは異例ずくめになった。田中正義(創価大)と並ぶ目玉といわれた153キロ右腕の佐々木千隼(桜美林大)が最初の入札でまさかの指名なし。この佐々木が「外れ1位」としては史上最多となる5球団競合という珍事の主役になると、これが4人の「外れの外れ1位」選手を生む前代未聞の事態も引き起こした。1巡目で名前を呼ばれなかった佐々木は唇がカサカサになるほど焦ったというが、過去のドラフトを見れば「外れ1位」で大成した選手は少なくない。

 例えば、“大魔神”佐々木主浩と小宮山悟はそれぞれ89年に野茂英雄の抽選に外れた大洋(現DeNA)とロッテに1位指名されて入団。巨人坂本勇人も堂上直倫(中日)の外れ1位。今季、史上初となる2年連続の「トリプルスリー」を達成した山田哲人に至っては、斎藤佑樹日本ハム)、塩見貴洋(楽天)を相次いで外したヤクルトに指名された「外れの外れ1位」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  6. 6

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

  7. 7

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  8. 8

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  9. 9

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

  10. 10

    MLBが報酬巡り迷走 エ軍大谷はどっちに転んでもひとり勝ち

もっと見る