3位以下の活躍なし…阪神ドラフトは“逸材発掘”が真の課題

公開日:  更新日:

「阪神の課題は、下位指名の選手やろ」

 こう言うのは、阪神OB。20日行われるドラフト会議について、こう持論を展開した。

「1位で指名されるような選手は、どこの球団も評価している。問題は3位以下で将来、レギュラーを取れるような逸材を発掘できるかどうか。そこがスカウトの眼力であり、腕の見せどころだ。しかし阪神は、例えば高卒捕手は10年度、右打ちの高卒外野手は05年度以降、誰一人取っていない。下位指名選手で活躍している高卒は原口(09年6位)、松田(11年5位)、大卒だと岩崎優(13年6位)くらい。そりゃ苦しい戦いを強いられるわな」

 他球団では、巨人の田口(13年)やヤクルトの秋吉(13年)ら3位選手が主力としてプレー。高卒の下位指名選手を見ても、広島の中崎(10年6位)が抑えとして、中日の若松(12年7位)、ロッテの二木(13年6位)が先発ローテ投手として活躍。野手は日本ハムの谷口(10年5位)、近藤(11年4位)、DeNAの桑原(11年4位)らが一軍に定着している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る