3位以下の活躍なし…阪神ドラフトは“逸材発掘”が真の課題

公開日: 更新日:

「阪神の課題は、下位指名の選手やろ」

 こう言うのは、阪神OB。20日行われるドラフト会議について、こう持論を展開した。

「1位で指名されるような選手は、どこの球団も評価している。問題は3位以下で将来、レギュラーを取れるような逸材を発掘できるかどうか。そこがスカウトの眼力であり、腕の見せどころだ。しかし阪神は、例えば高卒捕手は10年度、右打ちの高卒外野手は05年度以降、誰一人取っていない。下位指名選手で活躍している高卒は原口(09年6位)、松田(11年5位)、大卒だと岩崎優(13年6位)くらい。そりゃ苦しい戦いを強いられるわな」

 他球団では、巨人の田口(13年)やヤクルトの秋吉(13年)ら3位選手が主力としてプレー。高卒の下位指名選手を見ても、広島の中崎(10年6位)が抑えとして、中日の若松(12年7位)、ロッテの二木(13年6位)が先発ローテ投手として活躍。野手は日本ハムの谷口(10年5位)、近藤(11年4位)、DeNAの桑原(11年4位)らが一軍に定着している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る