“ドラ1対決”にも敗れ…創価大・田中に注がれる厳しい目

公開日: 更新日:

 最速156キロ右腕がもろくも崩れた。

 31日に行われた関東地区大学野球選手権大会2回戦。1位と外れ1位で差はあれど、先日のドラフトでともに5球団が競合した創価大・田中正義(ソフトバンク)と桜美林大・佐々木千隼(ロッテ)が対戦。軍配は佐々木に上がった。

 田中は初回、内野安打と自らの野選、死球でピンチをつくると、暴投、右中間への2点適時打でいきなり3失点。四回にはソロを浴び、4回4失点でマウンドを降りた。

 試合後、田中はうっすら涙を浮かべながら、「力のなさを痛感する一年でした」と、心情を吐露。

「立ち上がりは直球に絞られていたのは分かっていたけど、それしか投げるボールがなかった。直球も走っていなかったので……。理由? ちょっとフォームの問題もあった。(体の)開きがいつもより早かったのかな、と」と、続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る