“ドラ1対決”にも敗れ…創価大・田中に注がれる厳しい目

公開日: 更新日:

 最速156キロ右腕がもろくも崩れた。

 31日に行われた関東地区大学野球選手権大会2回戦。1位と外れ1位で差はあれど、先日のドラフトでともに5球団が競合した創価大・田中正義ソフトバンク)と桜美林大・佐々木千隼(ロッテ)が対戦。軍配は佐々木に上がった。

 田中は初回、内野安打と自らの野選、死球でピンチをつくると、暴投、右中間への2点適時打でいきなり3失点。四回にはソロを浴び、4回4失点でマウンドを降りた。

 試合後、田中はうっすら涙を浮かべながら、「力のなさを痛感する一年でした」と、心情を吐露。

「立ち上がりは直球に絞られていたのは分かっていたけど、それしか投げるボールがなかった。直球も走っていなかったので……。理由? ちょっとフォームの問題もあった。(体の)開きがいつもより早かったのかな、と」と、続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る