野村元監督以来…楽天ドラ1藤平尚真「背番号19」の真意

公開日: 更新日:

 7日、楽天からドラフト1位指名された横浜高の藤平尚真(18)が入団交渉を行い、契約金1億円、年俸1500万円(金額は推定)で合意。会見に臨んだ藤平は「チームを勝たせるピッチャーになりたい」と抱負を語った。

 背番号は「19」。元楽天の田中将大(28)がヤンキースで背負う数字であり、楽天では元監督の野村克也氏(81)が06~09年につけていた背番号。野村氏は10~12年、名誉監督として在籍していたため、楽天では長らく空き番号だった。

 野村氏の「19」継承の理由について、長島スカウト部長は「(楽天で背番号18だった)マー君に少しでも追いついて、いずれは追い抜いて欲しいという球団の思いです」とコメント。

 後関スカウトは「まだ完成品ではないけど、田中に次ぐ素質を持っているので。楽天の19番は野村さんのイメージが強いけど、もうチームも変わっていっている」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  7. 7

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る