【特別寄稿】U-20W杯ガーナ戦でPOM 長谷川唯が流した涙

公開日:

 パプアニューギニアで行われているU-20女子W杯(20日)で日本はカナダを5-0で下し、グループリーグB組1位で決勝トーナメント進出を決めた。プレーヤーオブザマッチに輝いたMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)は試合直後、持ち込んでいた盟友のユニホームを着た。「背番号2 SHIMIZU」。同じベレーザで共に成長してきたDF清水梨紗は、大会直前のケガで出場を断念した。

 グループリーグ初戦にナイジェリアを相手に快勝した際にも、長谷川は試合後に清水のユニホームを身に着けた。

 しかし、2戦目にライバル国であるスペインに惜敗し、そのパフォーマンスはかなわなかった。

 決意を新たに臨んだグループリーグ最終戦。26分、CKから混戦を抜けたボールが長谷川の元へこぼれる。見逃すことなく落ち着いて先制点を手にする。ダメ押しとなる51分の4点目は、同じくベレーザのFW籾木結花(同左)がスイッチを入れた。パスを受けたFW上野真実(愛媛FCレディース)が縦へ入れるとボールに反応した長谷川が、チョコンと軌道を変えてゴールを決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る