• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【特別寄稿】U-20W杯ガーナ戦でPOM 長谷川唯が流した涙

 パプアニューギニアで行われているU-20女子W杯(20日)で日本はカナダを5-0で下し、グループリーグB組1位で決勝トーナメント進出を決めた。プレーヤーオブザマッチに輝いたMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)は試合直後、持ち込んでいた盟友のユニホームを着た。「背番号2 SHIMIZU」。同じベレーザで共に成長してきたDF清水梨紗は、大会直前のケガで出場を断念した。

 グループリーグ初戦にナイジェリアを相手に快勝した際にも、長谷川は試合後に清水のユニホームを身に着けた。

 しかし、2戦目にライバル国であるスペインに惜敗し、そのパフォーマンスはかなわなかった。

 決意を新たに臨んだグループリーグ最終戦。26分、CKから混戦を抜けたボールが長谷川の元へこぼれる。見逃すことなく落ち着いて先制点を手にする。ダメ押しとなる51分の4点目は、同じくベレーザのFW籾木結花(同左)がスイッチを入れた。パスを受けたFW上野真実(愛媛FCレディース)が縦へ入れるとボールに反応した長谷川が、チョコンと軌道を変えてゴールを決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

もっと見る