カメラマンが見た 澤の「10」担う万能型FW籾木結花の笑顔

公開日:

 そのダイナミックなプレーからは想像できない153センチという身長は、アスリートとして恵まれているとは言い難い。

 ところが籾木結花(20)のプレーは、フィジカルにおいてコンプレックスなど存在し得ないことを証明しているかのようだ。ドリブラーであり、パサーであり、キッカーであり、ゴールゲッターでもある。攻撃のその時々で籾木は、自らを見事に演じ分ける。

 所属するなでしこリーグ1部の日テレ・ベレーザでは今シーズンから、女子サッカーのレジェンド澤穂希(38)が長く付けていた10番を担う。

 そしてU―20女子代表でも日の丸とともに10番を背負っている逸材だ。

 13日にパプアニューギニアで開幕したU―20女子W杯で日本は優勝を目標に掲げる中、早くも籾木が初戦で魅せた。アフリカ勢では世界大会の常連国であるナイジェリアを向こうに回し、先制点を含む2ゴール・1アシストという活躍ぶり。相手のオウンゴールを誘ったのも、籾木のシュート性のクロスだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る