日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サウジに勝って再認識…本田圭佑は日本代表に必要ない?

 ロシアW杯出場のためには、絶対に落とせない大一番のスタメンに、日本の大黒柱を自任する男の名前がなかった。

 最終予選B組首位のサウジアラビア(FIFAランク54位)との一戦(15日)でイタリア・ミラン所属のFW本田圭佑(30)が先発から外れ、ベンチスタートとなったのである。

 B組3位の日本(同ランク51位)は前半終了間際にMF清武弘嗣(27)のPKで先制。1─0で折り返した後半、本田が代表初先発のFW久保裕也(22)に代わって投入され、定位置である3トップの「右」に入った。

 何とかボールに絡んで存在感を示そうとする本田だが、チームメートからのロングパスに追い付けない、ゴール前に入る動きが緩慢でラストパスに合わせられない、キープしようとして簡単にボールを奪われるといったシーンが目に付いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事