霜田ND退任で窮地に ハリル監督解任の“秒読み”が始まった

公開日:  更新日:

 サッカー日本代表のハリルホジッチ監督(64)が窮地に立たされた。チームを統括するダイレクターとして、ハリル体制を支えてきた霜田正浩技術委員(49)が18日、今年限りで退任することを自ら明らかにしたのだ。

 霜田氏は09年に協会入りし、14年に強化担当の技術委員長に就任。ザッケローニ元監督、アギーレ前監督の招聘では中心的な役割を担った。ハリル体制をつくったのも霜田氏で、“背広組”でありながら指揮官の要望で国際Aマッチでもベンチ入りするなど、ハリル監督の側近であり腹心。W杯予選でつまずき、厳しい批判にさらされる指揮官にとって、唯一の理解者と言っていい存在だった。

「霜田氏の退任は、ハリルの解任に直結する。霜田さんから辞意を申し出たことになっているが、実際はそう追い込まれたようなものです。原前技術委員長(現Jリーグ副理事長)とのタッグで代表監督の人事権を持った霜田氏も、その原氏が今年1月の協会会長選で田嶋現会長に敗れると、閑職に追いやられた。今年から西野技術委員長が就くなど田嶋カラーに一新された現体制では、針のむしろというか居場所がなく、技術委員会ナンバー2のダイレクターという職も実際は『ハリル監督の相談役』と揶揄された。15日のW杯アジア最終予選で首位のサウジアラビアに快勝してもなお進退問題がくすぶるハリル監督は、霜田さんの退任で外堀を埋められたようなもの。今年中に解任される可能性が高まったとみています」(放送局関係者)

 辞意を固めた理由を、「組織として、技術委員長やダイレクターなど(まとめ役が)たくさんいるのは良くない」と話した霜田氏。ひとり残されたハリル監督の解任カウントダウンが始まったということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る