• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

霜田ND退任で窮地に ハリル監督解任の“秒読み”が始まった

 サッカー日本代表のハリルホジッチ監督(64)が窮地に立たされた。チームを統括するダイレクターとして、ハリル体制を支えてきた霜田正浩技術委員(49)が18日、今年限りで退任することを自ら明らかにしたのだ。

 霜田氏は09年に協会入りし、14年に強化担当の技術委員長に就任。ザッケローニ元監督、アギーレ前監督の招聘では中心的な役割を担った。ハリル体制をつくったのも霜田氏で、“背広組”でありながら指揮官の要望で国際Aマッチでもベンチ入りするなど、ハリル監督の側近であり腹心。W杯予選でつまずき、厳しい批判にさらされる指揮官にとって、唯一の理解者と言っていい存在だった。

「霜田氏の退任は、ハリルの解任に直結する。霜田さんから辞意を申し出たことになっているが、実際はそう追い込まれたようなものです。原前技術委員長(現Jリーグ副理事長)とのタッグで代表監督の人事権を持った霜田氏も、その原氏が今年1月の協会会長選で田嶋現会長に敗れると、閑職に追いやられた。今年から西野技術委員長が就くなど田嶋カラーに一新された現体制では、針のむしろというか居場所がなく、技術委員会ナンバー2のダイレクターという職も実際は『ハリル監督の相談役』と揶揄された。15日のW杯アジア最終予選で首位のサウジアラビアに快勝してもなお進退問題がくすぶるハリル監督は、霜田さんの退任で外堀を埋められたようなもの。今年中に解任される可能性が高まったとみています」(放送局関係者)

 辞意を固めた理由を、「組織として、技術委員長やダイレクターなど(まとめ役が)たくさんいるのは良くない」と話した霜田氏。ひとり残されたハリル監督の解任カウントダウンが始まったということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る