中井学
著者のコラム一覧
中井学プロゴルファー

1972年生まれ、大阪府出身。中学生の時にゴルフを始め、高校卒業後に米国へゴルフ留学。さまざまな理論を学んだ後に帰国し、現在はプロコーチとしてツアープロからアマチュアまで指導する。テレビのレッスン番組など各メディアでも活躍中。99年日本ゴルフツアー機構が実施するQT通過ですでにツアープレーヤーとして知られ、今年は日本プロゴルフ協会のプロテストに挑戦。プレ予選、第1次、第2次、最終を経て合格した55人中、2位タイの好成績でPGA資格を獲得した。

極端なつま先上がりのライからうまく打つ

公開日:
中井学プロ(C)日刊ゲンダイ

 ティーショットを大きく曲げて、ボールはマウンド中腹。セカンドショットが極端なつま先上がりの傾斜地から打つケースはよくあります(写真①)。

 そこからグリーンを狙い、ミスしてさらに“傷口”を広げて大叩きということもあるでしょう。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る