ヤクルト4位・中尾輝 女手ひとつで育て上げた母のド根性

公開日:

「女手ひとつ」――。そのひと言では片付けられない苦労があった。

 愛知県名古屋市で中尾家の次男として産声を上げた中尾輝(22=名古屋経済大)。兄・翔さん(23)とともにすくすく育ったが、中尾が5歳のときに両親が離婚。母の美恵さん(49)が2人の息子を引き取った。サッカーに夢中だった兄に対し、中尾は野球に関心を持つように。野球を始めた春日野小学校4年のとき、キャッチボールをしようとした美恵さんだったが、ボールのスピードと威力に驚き、思わず逃げてしまったという。親子でのキャッチボールはその一度だけだ。

 桜田中学校に進学すると、「愛知津島ボーイズ」に所属した。美恵さんが言う。

「中学のとき、最初は学校の部活動で野球をやっていました。そのころ、私がダイエット目的で週1回、『大江ゴルフスクール』というところでゴルフを習っていたんです。練習嫌いだけど、コースに出るのは好きというタイプ。コンペにはよく行っていて、そこに偶然、津島ボーイズの監督と代表が参加されていたのがきっかけです。私のゴルフの先生も野球経験者の方で、『クラブチームに入った方がもっと野球が身に付く』と勧められて、輝に聞いたら『やりたい』というので入れることにしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る