日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
原晋
著者のコラム一覧
原晋青山学院大学陸上部監督

1967年3月8日生まれ。広島県出身。広島・世羅高で主将として全国高校駅伝準優勝。中京大卒業後、中国電力陸上競技部1期生として入部。ケガなどで5年の競技人生を終え、同社営業部でサラリーマン人生をスタートした。04年に青学大陸上部監督に就任。09年、33年ぶりに箱根駅伝出場。12年に出雲駅伝初制覇。15年箱根駅伝で青学大を史上初の総合優勝に導いた。

「平成のラジオ体操」を自分の手で作り上げたい

箱根を控えて「プレッシャーはありません」と原監督(C)日刊ゲンダイ

 青学大陸上部の原晋監督(49)の仕事は、何よりも「陸上部の競技力をアップさせる」ことである。さらに加えて日本陸上界が正常進化することを希求し、日頃から大胆提言を含めて情報発信を積極的に行っている。しかし、これまでは対象がトップアスリートに限られていた。そこで原監督は、運動を通し…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事