カミネロ獲得なら6人 ダブつく巨人助っ人“冷や飯”は誰だ

公開日: 更新日:

 今季、支配下登録の外国人選手を10人も在籍させた巨人は、来季も助っ人をダブつかせる。

 米大リーグ、マリナーズなどでプレーしたアルキメデス・カミネロ(29)と合意間近。決まれば外国人は投手3、野手3の計6選手となる。一軍枠は「4」だから、あぶれる助っ人が出るということ。この中で冷や飯食いが濃厚なのは、来季2年契約2年目を迎える二塁手のルイス・クルーズ(32)ともっぱらだ。

 内野の守備力には定評があり、昨オフに年俸2億4000万円の2年契約でロッテから獲得した。が、左足首を痛めていた6月に「米国で検査したい」と強硬に主張して一時帰国。コーチが何度指摘しても怠慢プレーを繰り返す「隠れ問題児」だった。大事なCS前に懲罰抹消されると、チームはファーストステージでDeNAに敗退。なんとも後味の悪い形で今季を終えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る