巨人新外国人カミネロ 最速164kmも今季は“二軍セーブ王”

公開日: 更新日:

 巨人の新外国人投手の評判がすこぶるいい。最速164キロの触れ込みで、守護神候補として期待されるアルキメデス・カミネロ(29)である。

 ドミニカ共和国出身。ラテン系の選手はノンビリ屋が多いが、来日3日目の29日には早速ブルペンで投球を披露し、スポーツ紙は「速い!」「江川だ」と騒いでいる。

「164キロ」が一人歩きするが、ボールがどこへ行くか分からない投手でもある。パイレーツ、マリナーズでプレーした昨季は、57試合の登板。60回3分の2を投げ、33四球を与えた。昨季のセーブ王で制球力が課題の沢村が64回3分の1で22与四球。沢村以上の「ノーコン」ぶりが分かる。

■今年は巨人に慣れるための準備期間

 支配下6人の外国人で4枠を争う。同じ救援に巨人6年目を迎えるマシソンがおり、厳しい枠争いになりそうだ。チーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

  10. 10

    お笑い界は第7世代でスッタモンダ 足切り100組が路頭迷う

もっと見る