日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人“阿部頼み”の原点回帰あるか 首脳陣には捕手復帰論も

 巨人の阿部慎之助(37)が沖縄2次キャンプ初日の14日、ランチ特打を行った。サク越えは4本。高橋由伸監督(41)は宮崎キャンプの総括で「若手全体まだまだ物足りない。でも(阿部)慎之助は元気なのかな」と褒めるほど、今年は順調な仕上がりを見せている。

 11日の紅白戦初戦にスタメン出場したのも最近では異例だ。昨年は新任の高橋監督に捕手起用を念頭に調整法を任されたもののキャンプで右肩を痛め、開幕から2カ月経過した5月末にやっと一軍に合流。V逸の要因にもなった。昨春、阿部らが別メニュー調整を許可された「スペシャル班」は、このキャンプで廃止。高橋監督に「任せて失敗したみたいなものだから、本人も自覚しているでしょう」とチクリとやられているだけに、今年は期するものがあるようだ。

■ウルトラCは捕手復帰

 他球団のスコアラーも「今年は阿部の仕上がりが早い。4番は他にマギーや坂本といった選択肢があるけど、慎重派の高橋監督のことだから、開幕は絶対に阿部で滑り出すと見ています。状態は良さそうだし、捕手だってできるんじゃないですか?」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事