日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WBCでもフル回転 巨人坂本“1人6役”で先輩・阿部に引導か

 3月のWBCに巨人からは坂本勇人(28)、菅野智之(27)、新たに捕手の小林誠司(27)が加わり、計3人が出場する。フル回転が予想されるのは坂本だ。

 前回大会も出場しているため、侍ジャパンでも「正遊撃手」の座はほぼ決まっている。グアム自主トレから帰国して以降も、連日トレーニングを行い、WBCを見据えてハイペース調整を続ける。それだけではない。侍ジャパン・小久保監督の方針で主将は不在だが、年上の楽天・嶋、ソフトバンク・内川、松田らと「チームのまとめ役」も期待されているという。

 巨人でも忙しい。引き続き「主将」を務め、遊撃手として「守備の要」も任される。首位打者を獲得した昨季は主に3番打者として「ポイントゲッター」の役割だった。ここに今季は「4番」という大きな役割が加わる可能性がある。

 昨季の巨人は計5人が務めるなど、4番を固定できなかった。後半は阿部が座ったことで安定。今季は新外国人のマギー、阿部らが争う構図だが、高橋監督は昨秋、「もう少し本塁打が欲しいけど、勇人も候補」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事