阿部、村田に影響…巨人のマギー獲りはデメリットだらけ

公開日:

 あくなき補強である。巨人は4日、元楽天のケーシー・マギー(34=タイガース)の獲得を発表。12年オフに動いた際は楽天に奪われた主砲候補を、今回は阪神との争奪戦に勝ってモノにした堤GMは、「楽天にいた時から3年経ったが、アベレージもいいし広角に打てている。三塁の守りも無難にこなしている」と喜んだが、米球界での評価はちょっと違う。

「13年に日本で30本近く本塁打を放った時の長打力が、ここ2年で急激に落ちたことでメジャーに上がれなくなった」(米球界関係者)

 来日1年目の13年に打率.292、28本塁打、93打点の好成績で楽天を初のリーグ優勝と日本一に導いたマギーは、14年にメジャー復帰。160試合で.287、76打点でカムバック賞を受賞したが、ここ2年間はパッとしない。今季はタイガースで30試合に出場し、打率.228、本塁打はゼロ。3Aでは116試合で打率.317、6本塁打、50打点の成績を残したものの、年齢が30代半ばに差し掛かり、「以前より明らかに打球が飛ばなくなっている」(前出の米球界関係者)というのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る