OB酷評の巨人無気力キャンプ 金満補強が原因と評論家指摘

公開日: 更新日:

 悪評ふんぷんだった。

 12日に打ち上げた、巨人の宮崎キャンプ。12日間の練習を、高橋由伸監督(41)は「紅白戦も2試合でき、いいところも見られたし、課題も見えた。こちらでやろうと思っていたことはできました」と満足そうに振り返った。

 14日からは沖縄・那覇市で2次キャンプをスタートさせる。指揮官は「より実戦的なものが増える。練習量は落とさずにやっていきたい」と続け、表情を引き締めながら、さらに選手を鍛え上げると宣言した。

 巨人には3年ぶりのV奪回という明確な目標がある。キャンプイン前日には高橋監督が改めて、「ポジションが決まっているのは坂本(勇人=28)くらい」と言った。チーム内競争という方針のもと、鼻先に「レギュラー」をぶら下げられた若手・中堅が、目の色を変えて主力を突き上げ、グラウンドには寒波を吹き飛ばす熱気があふれていた――のだと思いきや、さにあらず。指揮官が手応えがあったというこの宮崎キャンプ、実は取材に訪れたOBからは批判、落胆の声が続出していたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る