他球団スコアラー指摘 巨人陽は下半身より“肩の状態”心配

公開日:  更新日:

 無言のまま迎えの車に乗った。

 FAで巨人に入団した陽岱鋼(30)が、9日の練習を早退。練習開始直後のベースランニングまでは参加したが、そこで下半身に異変が生じたとみられる。報道陣の、「体調不良か?」の問いに答えることなく球場を後にした陽の状態を、村田ヘッドコーチは「下半身の張り」と説明。出場予定だった、今キャンプ初の紅白戦も見合わせることになりそうだ。

「心配ないでしょう。日本ハム時代にもよくあった。『痛みに強い糸井、痛みに弱い陽』といわれたものです。善くも悪くも無理はしない性格ですから、移籍1年目で張り詰めていたでしょうし、ちょっと一息という程度ですよ」(日ハムOB)

 強風注意報が出ていたこの日の宮崎市は、朝から冷たい風が吹き、最高気温は前日からマイナス3度の11度。慎重になっても不思議はない天候で、実際、高橋監督も「無理してやる時期じゃないからね。2次キャンプ先の沖縄に連れて行かない可能性? ないと思いますよ」と落ち着いたものだったが、「それよりも」と視察する他球団スコアラーがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る