3盗塁と機動力発揮 侍J仁志一塁C「重盗失敗を財産に」

公開日: 更新日:

 1次ラウンドを2連勝発進の侍ジャパン。7日のキューバ戦では、昨季2盗塁の中田(日本ハム)が盗塁を決め、チームを勢いづかせた。ここまでチーム3盗塁。機動力が大きな武器になりつつある。試合がなかった昨9日、指名練習に参加した仁志敏久内野守備走塁コーチに、ここまでの戦いぶりを聞いた。

――キューバ戦、1点リードの五回1死一塁で中田が二盗を決めた。

「『行けたら行け』という状況で、盗塁を決めた中田は立派。僕自身は中田に限らず、ああいう場面で足を一歩踏み出す勇気を持つことが大事だと思っています。一塁コーチとして事前に投手のモーションなどを把握しながら、『大丈夫だから行け』と背中を押せるようにと考えている。1次ラウンドの2試合を振り返っても、キーになるのは走塁と守備。その上で効果的に本塁打が出ている。得点するきっかけは、どこに潜んでいるかは分からない。周りからは評価されづらい部分なんだけど、常に自分がきっかけになれるように、準備してくれたらと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る