3盗塁と機動力発揮 侍J仁志一塁C「重盗失敗を財産に」

公開日:  更新日:

 1次ラウンドを2連勝発進の侍ジャパン。7日のキューバ戦では、昨季2盗塁の中田(日本ハム)が盗塁を決め、チームを勢いづかせた。ここまでチーム3盗塁。機動力が大きな武器になりつつある。試合がなかった昨9日、指名練習に参加した仁志敏久内野守備走塁コーチに、ここまでの戦いぶりを聞いた。

――キューバ戦、1点リードの五回1死一塁で中田が二盗を決めた。

「『行けたら行け』という状況で、盗塁を決めた中田は立派。僕自身は中田に限らず、ああいう場面で足を一歩踏み出す勇気を持つことが大事だと思っています。一塁コーチとして事前に投手のモーションなどを把握しながら、『大丈夫だから行け』と背中を押せるようにと考えている。1次ラウンドの2試合を振り返っても、キーになるのは走塁と守備。その上で効果的に本塁打が出ている。得点するきっかけは、どこに潜んでいるかは分からない。周りからは評価されづらい部分なんだけど、常に自分がきっかけになれるように、準備してくれたらと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る