3盗塁と機動力発揮 侍J仁志一塁C「重盗失敗を財産に」

公開日:  更新日:

 1次ラウンドを2連勝発進の侍ジャパン。7日のキューバ戦では、昨季2盗塁の中田(日本ハム)が盗塁を決め、チームを勢いづかせた。ここまでチーム3盗塁。機動力が大きな武器になりつつある。試合がなかった昨9日、指名練習に参加した仁志敏久内野守備走塁コーチに、ここまでの戦いぶりを聞いた。

――キューバ戦、1点リードの五回1死一塁で中田が二盗を決めた。

「『行けたら行け』という状況で、盗塁を決めた中田は立派。僕自身は中田に限らず、ああいう場面で足を一歩踏み出す勇気を持つことが大事だと思っています。一塁コーチとして事前に投手のモーションなどを把握しながら、『大丈夫だから行け』と背中を押せるようにと考えている。1次ラウンドの2試合を振り返っても、キーになるのは走塁と守備。その上で効果的に本塁打が出ている。得点するきっかけは、どこに潜んでいるかは分からない。周りからは評価されづらい部分なんだけど、常に自分がきっかけになれるように、準備してくれたらと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る