豪代表監督が日程に不満吐露 WBC日本ラウンドのカラクリ

公開日:  更新日:

 当然の声だろう。8日の日本戦に敗れたオーストラリアのディーブル監督は、日本とキューバは4日間で3試合、自軍と中国は3連戦なので、「日本のように1日オフがあれば中継ぎをつぎ込めた」と、試合日程の不公平さに言及した。

 試合時間も、日本は特別だ。テレビ中継のため3試合とも19時開始。他の3カ国は12時開始の試合がある。オーストラリアは9日19時の中国戦の翌日は12時からキューバ戦。キューバも日本と約4時間の試合を終えた翌8日は12時からデーゲームで中国と対戦した。

「日本有利」といえば、国内で頻繁に行われるバレーボールの国際大会も同じだ。昨年のリオ五輪最終予選も、ライバル国は午前、昼、午後の試合も組まれていたが、日本は男女とも全7試合が第4試合の19時に固定。しかも、対戦日と対戦国を2試合指定できる、「開催国指定試合」という特権まであった。これは国際バレーボール連盟(FIVB)が認めているものだが、過去には「五輪予選なのだから全てのチームが同じ条件でやらないといけない」と、大会を批判した監督もいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る