B組連勝でも采配に不安…侍J・小久保監督不人気の背景

公開日:

 WBC日本代表が昨8日の豪州戦に勝利、12日から始まる2次ラウンド進出に大きく前進した。

 先発の菅野が4回3分の1を1失点の好投。五回に松田の犠飛で同点に追いつくと、七回に先頭打者の中田が膠着状態の試合に風穴をあけた。初球のスライダーを強振。打球は左翼スタンドに突き刺さった。今大会初安打が勝ち越し本塁打。八回2死一塁では4番の筒香に2試合連続となる本塁打も飛び出し、終わってみれば4-1の快勝だった。

「苦しいゲームでしたけど、菅野がよく投げてくれました。きょうは投手力の勝利。あとは中田、筒香のホームラン。素晴らしかったですね。きょうのような継投をしないと勝ち続けることはできない。次の試合もきょうのような継投ができるようにしたいです」

 とは、試合後の小久保監督。満面の笑みだったが、球界には今も「2次ラウンドを勝ち抜き、米国での準決勝以降に進めるかと聞かれれば、確率は高くない」と今回の日本代表には懐疑的な声が多い。スポーツ紙にも大会前から、不安視するOBの評論コラムが散見され、特に小久保監督の采配、ハンドリングに疑問が呈されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る