B組連勝でも采配に不安…侍J・小久保監督不人気の背景

公開日: 更新日:

 WBC日本代表が昨8日の豪州戦に勝利、12日から始まる2次ラウンド進出に大きく前進した。

 先発の菅野が4回3分の1を1失点の好投。五回に松田の犠飛で同点に追いつくと、七回に先頭打者の中田が膠着状態の試合に風穴をあけた。初球のスライダーを強振。打球は左翼スタンドに突き刺さった。今大会初安打が勝ち越し本塁打。八回2死一塁では4番の筒香に2試合連続となる本塁打も飛び出し、終わってみれば4-1の快勝だった。

「苦しいゲームでしたけど、菅野がよく投げてくれました。きょうは投手力の勝利。あとは中田、筒香のホームラン。素晴らしかったですね。きょうのような継投をしないと勝ち続けることはできない。次の試合もきょうのような継投ができるようにしたいです」

 とは、試合後の小久保監督。満面の笑みだったが、球界には今も「2次ラウンドを勝ち抜き、米国での準決勝以降に進めるかと聞かれれば、確率は高くない」と今回の日本代表には懐疑的な声が多い。スポーツ紙にも大会前から、不安視するOBの評論コラムが散見され、特に小久保監督の采配、ハンドリングに疑問が呈されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  4. 4

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る