• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

菅野も小林と息合わず…侍Jに渦巻く「捕手炭谷」待望論

「小久保監督は何で炭谷に先発マスクをかぶらせないのか」

 8日のオーストラリア戦、小久保監督は先発の菅野(巨人)を除いて、勝利した前日のキューバ戦と同じスタメンで臨んだのだが、この日も9番・捕手で起用された小林(巨人)のスタメン起用に、ネット裏では疑問の声が出始めている。

 小林は合宿中、送球の際にWBC球を苦にしない点を村田コーチに評価された。嶋(楽天)が故障の影響で代表を辞退し、急きょ炭谷(西武)がチームに合流した。それでも小林が主戦捕手を任されている。小林は新人の14年に日米野球に大抜擢され、それ以後、代表経験は豊富。しかし、コンビを組む投手の軸となる球種に迷うケースが目立つなど不安を抱えているようなのだ。

「菅野はこの日、小林のサインに4度首を振るなど、1球ごとの間合いが長く、球審がタイムをかけたほど。菅野の投球時に限らずベンチから時折、球種のサインが出ているようだが、ベンチとすればサインが出しやすいから使っているとも受け取れる。炭谷は“第3捕手”の位置づけでも経験では一日の長がある。リズムもキャッチングもいいし、インサイドワークは上。肩も決して悪くない。プレミア12など国際大会の経験もある。菅野以外の投手は炭谷にマスクをかぶってもらいたいのではないか」(球界OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

もっと見る