菅野も小林と息合わず…侍Jに渦巻く「捕手炭谷」待望論

公開日:

「小久保監督は何で炭谷に先発マスクをかぶらせないのか」

 8日のオーストラリア戦、小久保監督は先発の菅野(巨人)を除いて、勝利した前日のキューバ戦と同じスタメンで臨んだのだが、この日も9番・捕手で起用された小林(巨人)のスタメン起用に、ネット裏では疑問の声が出始めている。

 小林は合宿中、送球の際にWBC球を苦にしない点を村田コーチに評価された。嶋(楽天)が故障の影響で代表を辞退し、急きょ炭谷(西武)がチームに合流した。それでも小林が主戦捕手を任されている。小林は新人の14年に日米野球に大抜擢され、それ以後、代表経験は豊富。しかし、コンビを組む投手の軸となる球種に迷うケースが目立つなど不安を抱えているようなのだ。

「菅野はこの日、小林のサインに4度首を振るなど、1球ごとの間合いが長く、球審がタイムをかけたほど。菅野の投球時に限らずベンチから時折、球種のサインが出ているようだが、ベンチとすればサインが出しやすいから使っているとも受け取れる。炭谷は“第3捕手”の位置づけでも経験では一日の長がある。リズムもキャッチングもいいし、インサイドワークは上。肩も決して悪くない。プレミア12など国際大会の経験もある。菅野以外の投手は炭谷にマスクをかぶってもらいたいのではないか」(球界OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る