菅野も小林と息合わず…侍Jに渦巻く「捕手炭谷」待望論

公開日: 更新日:

「小久保監督は何で炭谷に先発マスクをかぶらせないのか」

 8日のオーストラリア戦、小久保監督は先発の菅野(巨人)を除いて、勝利した前日のキューバ戦と同じスタメンで臨んだのだが、この日も9番・捕手で起用された小林(巨人)のスタメン起用に、ネット裏では疑問の声が出始めている。

 小林は合宿中、送球の際にWBC球を苦にしない点を村田コーチに評価された。嶋(楽天)が故障の影響で代表を辞退し、急きょ炭谷(西武)がチームに合流した。それでも小林が主戦捕手を任されている。小林は新人の14年に日米野球に大抜擢され、それ以後、代表経験は豊富。しかし、コンビを組む投手の軸となる球種に迷うケースが目立つなど不安を抱えているようなのだ。

「菅野はこの日、小林のサインに4度首を振るなど、1球ごとの間合いが長く、球審がタイムをかけたほど。菅野の投球時に限らずベンチから時折、球種のサインが出ているようだが、ベンチとすればサインが出しやすいから使っているとも受け取れる。炭谷は“第3捕手”の位置づけでも経験では一日の長がある。リズムもキャッチングもいいし、インサイドワークは上。肩も決して悪くない。プレミア12など国際大会の経験もある。菅野以外の投手は炭谷にマスクをかぶってもらいたいのではないか」(球界OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  9. 9

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る