侍J救う逆転弾 広島・誠也はキャンプで“外出禁止”だった

公開日:

 5日のオリックス戦。2点を追う二回無死二、三塁から、鈴木誠也が近藤の2球目を左翼スタンドへ運ぶ逆転3ランを放ち、「つなぐ意識で打席に入った」。小久保監督も「打線に関しては本戦でもそう点は取れない。つないでつないでやっていきたい。誠也に一本出たのは大きい。チーム一丸となって7日を迎えたい」と目を細めた。

 発熱のため、台湾選抜戦2試合を欠場したが、3日の阪神戦から復帰。これが今年の代表初安打だった。本番前最後の強化試合で本領を発揮するあたりは、昨年流行語大賞の「神ってる」勝負強さである。

 野手最年少だが、WBCに備え、広島の日南キャンプで、あることを実践していた。広島のあるコーチが明かす。

「本人と話し合って、カープのキャンプ中は外出禁止にしたんです。昨年『神ってる』活躍で注目度が上がった。代表に合流する前に、夜の街で万が一にもトラブルに巻き込まれないようにすること。それと、実はコンディション不良でフルメニューを消化できない日があって、昼は野球に集中して夜は宿舎で静養する。体力を温存させることが目的です。休日前夜くらい、食事だけでも外に出掛けて息抜きしたかったかもしれませんが、そこは本人も納得してくれたと思います」

 鈴木だけ“軟禁”状態から代表合宿に馳せ参じたというわけだ。温存してきたパワーを本番でも使えれば言うことないが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る