侍J救う逆転弾 広島・誠也はキャンプで“外出禁止”だった

公開日: 更新日:

 5日のオリックス戦。2点を追う二回無死二、三塁から、鈴木誠也が近藤の2球目を左翼スタンドへ運ぶ逆転3ランを放ち、「つなぐ意識で打席に入った」。小久保監督も「打線に関しては本戦でもそう点は取れない。つないでつないでやっていきたい。誠也に一本出たのは大きい。チーム一丸となって7日を迎えたい」と目を細めた。

 発熱のため、台湾選抜戦2試合を欠場したが、3日の阪神戦から復帰。これが今年の代表初安打だった。本番前最後の強化試合で本領を発揮するあたりは、昨年流行語大賞の「神ってる」勝負強さである。

 野手最年少だが、WBCに備え、広島の日南キャンプで、あることを実践していた。広島のあるコーチが明かす。

「本人と話し合って、カープのキャンプ中は外出禁止にしたんです。昨年『神ってる』活躍で注目度が上がった。代表に合流する前に、夜の街で万が一にもトラブルに巻き込まれないようにすること。それと、実はコンディション不良でフルメニューを消化できない日があって、昼は野球に集中して夜は宿舎で静養する。体力を温存させることが目的です。休日前夜くらい、食事だけでも外に出掛けて息抜きしたかったかもしれませんが、そこは本人も納得してくれたと思います」

 鈴木だけ“軟禁”状態から代表合宿に馳せ参じたというわけだ。温存してきたパワーを本番でも使えれば言うことないが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る