日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

今季ドイツ最年少主将 HSV酒井高徳が語るキャプテンシー

 独1部ハンブルガーSV(HSV)で昨年11月からキャプテンマークを任され、今季ブンデスリーガ最年少主将となったDF酒井高徳(25)。ドイツ人の母を持つハーフとはいえ、12年1月にドイツに渡った時はドイツ語を話せなかった男が、ドイツ人のチームメートに的確な指示を与え、威風堂々と鼓舞している姿は実に頼もしい。日本代表次期主将候補をドイツで直撃した。

 ◇  ◇  ◇

「僕ら日本人は、他の外国人選手よりも真面目にドイツ語の勉強をしているのに、いざとなると『アイツらはしゃべれない』で片付けられてしまう。(鹿島からスペイン2部テネリフェに移籍したMF)柴崎岳が適応できてない――というニュースを見ると『そんなハズない』と本当に悔しい。僕は日本人として、彼らの先入観を変えたいと思ってます」と酒井高は言った。

 こうした強靱なメンタリティーも評価され、今季途中にはギスドル監督から主将に任命された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事