元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

今季ドイツ最年少主将 HSV酒井高徳が語るキャプテンシー

公開日: 更新日:

 独1部ハンブルガーSV(HSV)で昨年11月からキャプテンマークを任され、今季ブンデスリーガ最年少主将となったDF酒井高徳(25)。ドイツ人の母を持つハーフとはいえ、12年1月にドイツに渡った時はドイツ語を話せなかった男が、ドイツ人のチームメートに的確な指示を与え、威風堂々と鼓舞している姿は実に頼もしい。日本代表次期主将候補をドイツで直撃した。

 ◇  ◇  ◇

「僕ら日本人は、他の外国人選手よりも真面目にドイツ語の勉強をしているのに、いざとなると『アイツらはしゃべれない』で片付けられてしまう。(鹿島からスペイン2部テネリフェに移籍したMF)柴崎岳が適応できてない――というニュースを見ると『そんなハズない』と本当に悔しい。僕は日本人として、彼らの先入観を変えたいと思ってます」と酒井高は言った。

 こうした強靱なメンタリティーも評価され、今季途中にはギスドル監督から主将に任命された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る