日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

練習3時間で大阪2強に 履正社・岡田監督に指導法を聞く

 センバツ高校野球初日の19日には、優勝候補の履正社(大阪)が登場する。寮はなく、平日の練習は3時間。どうやって全国から選手が集まる強豪の大阪桐蔭と対等に戦えるようなチームをつくっているのか。岡田龍生監督(55)に聞いてみた。

――大阪では大阪桐蔭と並んで2強といわれています。

「いえいえ、そりゃもう、選手のレベルが違いますよ。向こうの方が全然レベルは高い。だからウチは、いかに組織立った野球をしていくかを常に考えています。大阪桐蔭とはやり方もシステムも全然違いますから」

――平日の練習時間は約3時間しかありません。

「授業が終わってから帰りのバスの時間までですから……約3時間ですか。でも、時間をくれと言っても、ないものは仕方ない。ならば、密度を濃くするしかない。子供たちにも『何かする場所はつくってやるから』と話しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事