練習3時間で大阪2強に 履正社・岡田監督に指導法を聞く

公開日:  更新日:

 センバツ高校野球初日の19日には、優勝候補の履正社(大阪)が登場する。寮はなく、平日の練習は3時間。どうやって全国から選手が集まる強豪の大阪桐蔭と対等に戦えるようなチームをつくっているのか。岡田龍生監督(55)に聞いてみた。

――大阪では大阪桐蔭と並んで2強といわれています。

「いえいえ、そりゃもう、選手のレベルが違いますよ。向こうの方が全然レベルは高い。だからウチは、いかに組織立った野球をしていくかを常に考えています。大阪桐蔭とはやり方もシステムも全然違いますから」

――平日の練習時間は約3時間しかありません。

「授業が終わってから帰りのバスの時間までですから……約3時間ですか。でも、時間をくれと言っても、ないものは仕方ない。ならば、密度を濃くするしかない。子供たちにも『何かする場所はつくってやるから』と話しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る