• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

練習3時間で大阪2強に 履正社・岡田監督に指導法を聞く

 センバツ高校野球初日の19日には、優勝候補の履正社(大阪)が登場する。寮はなく、平日の練習は3時間。どうやって全国から選手が集まる強豪の大阪桐蔭と対等に戦えるようなチームをつくっているのか。岡田龍生監督(55)に聞いてみた。

――大阪では大阪桐蔭と並んで2強といわれています。

「いえいえ、そりゃもう、選手のレベルが違いますよ。向こうの方が全然レベルは高い。だからウチは、いかに組織立った野球をしていくかを常に考えています。大阪桐蔭とはやり方もシステムも全然違いますから」

――平日の練習時間は約3時間しかありません。

「授業が終わってから帰りのバスの時間までですから……約3時間ですか。でも、時間をくれと言っても、ないものは仕方ない。ならば、密度を濃くするしかない。子供たちにも『何かする場所はつくってやるから』と話しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

もっと見る