練習3時間で大阪2強に 履正社・岡田監督に指導法を聞く

公開日: 更新日:

 センバツ高校野球初日の19日には、優勝候補の履正社(大阪)が登場する。寮はなく、平日の練習は3時間。どうやって全国から選手が集まる強豪の大阪桐蔭と対等に戦えるようなチームをつくっているのか。岡田龍生監督(55)に聞いてみた。

――大阪では大阪桐蔭と並んで2強といわれています。

「いえいえ、そりゃもう、選手のレベルが違いますよ。向こうの方が全然レベルは高い。だからウチは、いかに組織立った野球をしていくかを常に考えています。大阪桐蔭とはやり方もシステムも全然違いますから」

――平日の練習時間は約3時間しかありません。

「授業が終わってから帰りのバスの時間までですから……約3時間ですか。でも、時間をくれと言っても、ないものは仕方ない。ならば、密度を濃くするしかない。子供たちにも『何かする場所はつくってやるから』と話しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る