慶応高ツキなし…センバツ落選に“東京有利”の選考傾向

公開日: 更新日:

「2季連続で悔しい気持ちをした」

 センバツ落選に慶応高の森林監督が無念そうに声を絞り出した。

 昨秋の神奈川大会で優勝、関東大会ではベスト8に入った慶応は、東京、関東枠の最後の1枠に入ることが有力視されていたが、東京大会準優勝の日大三高に軍配が上がった(慶応は補欠校扱い)。

 選考委員会はその理由について、「日大三が投手力、打撃力で上回る」と説明。東京大会ではセンバツ出場が決定した早実に決勝で敗れたが、主戦投手の桜井(2年)が清宮から5三振を奪い、主砲の金成(2年)が本塁打を含む4安打5打点の活躍を見せたことも考慮されたようだ。

 それにしても慶応はツイてない。昨夏は県大会で準優勝に終わって涙をのみ、今回も昨秋の関東大会で前橋育英に勝ってベスト4に入れば、確実に選ばれていた。これで神奈川県勢は3年連続でセンバツ不出場が濃厚。東京と神奈川の高校間に大きな力の差があるとも思えないし、地域性を重視する選考方針がありながら、今年を含めた過去12年間で、東京大会の優勝、準優勝校が同時出場したケースは計8度。東京有利の状況が続く。

 慶応は、東京に移籍して早実だろうが日大三だろうが直接対決でやっつけたい気分だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る