慶応高ツキなし…センバツ落選に“東京有利”の選考傾向

公開日:  更新日:

「2季連続で悔しい気持ちをした」

 センバツ落選に慶応高の森林監督が無念そうに声を絞り出した。

 昨秋の神奈川大会で優勝、関東大会ではベスト8に入った慶応は、東京、関東枠の最後の1枠に入ることが有力視されていたが、東京大会準優勝の日大三高に軍配が上がった(慶応は補欠校扱い)。

 選考委員会はその理由について、「日大三が投手力、打撃力で上回る」と説明。東京大会ではセンバツ出場が決定した早実に決勝で敗れたが、主戦投手の桜井(2年)が清宮から5三振を奪い、主砲の金成(2年)が本塁打を含む4安打5打点の活躍を見せたことも考慮されたようだ。

 それにしても慶応はツイてない。昨夏は県大会で準優勝に終わって涙をのみ、今回も昨秋の関東大会で前橋育英に勝ってベスト4に入れば、確実に選ばれていた。これで神奈川県勢は3年連続でセンバツ不出場が濃厚。東京と神奈川の高校間に大きな力の差があるとも思えないし、地域性を重視する選考方針がありながら、今年を含めた過去12年間で、東京大会の優勝、準優勝校が同時出場したケースは計8度。東京有利の状況が続く。

 慶応は、東京に移籍して早実だろうが日大三だろうが直接対決でやっつけたい気分だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る