慶応高ツキなし…センバツ落選に“東京有利”の選考傾向

公開日:  更新日:

「2季連続で悔しい気持ちをした」

 センバツ落選に慶応高の森林監督が無念そうに声を絞り出した。

 昨秋の神奈川大会で優勝、関東大会ではベスト8に入った慶応は、東京、関東枠の最後の1枠に入ることが有力視されていたが、東京大会準優勝の日大三高に軍配が上がった(慶応は補欠校扱い)。

 選考委員会はその理由について、「日大三が投手力、打撃力で上回る」と説明。東京大会ではセンバツ出場が決定した早実に決勝で敗れたが、主戦投手の桜井(2年)が清宮から5三振を奪い、主砲の金成(2年)が本塁打を含む4安打5打点の活躍を見せたことも考慮されたようだ。

 それにしても慶応はツイてない。昨夏は県大会で準優勝に終わって涙をのみ、今回も昨秋の関東大会で前橋育英に勝ってベスト4に入れば、確実に選ばれていた。これで神奈川県勢は3年連続でセンバツ不出場が濃厚。東京と神奈川の高校間に大きな力の差があるとも思えないし、地域性を重視する選考方針がありながら、今年を含めた過去12年間で、東京大会の優勝、準優勝校が同時出場したケースは計8度。東京有利の状況が続く。

 慶応は、東京に移籍して早実だろうが日大三だろうが直接対決でやっつけたい気分だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る