日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早実は? 春のセンバツ初戦で「勝つ高校」「負ける高校」

 第89回センバツ高校野球大会(19日から休養日を含む12日間)の組み合わせが10日、決まった。日刊ゲンダイ恒例、1回戦全16試合の行方を占ってみる。

■第1日(19日)

 第1試合は至学館が呉との初出場対決に勝つ。第2試合は日大三と履正社、東京VS大阪の優勝候補同士が激突。明治神宮大会優勝の履正社が激戦を制す。

「履正社は、188センチ安田、182センチ若林ら大型選手が揃い、力でねじ伏せられるチーム。明治神宮大会決勝で早実に11-6で打ち勝った試合が象徴的。対する日大三のエース左腕の桜井は、140キロ超の直球とタテのスライダーが武器。東京大会決勝で早実打線から14三振を奪い、清宮を5打席連続三振に打ち取りながら、しかし、8失点で敗れた。履正社の強力打線を抑えるのは難しいとみています」(スポーツ紙・高校野球キャップ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事