侍J戦士が手にする“出場手当” 200万円は高いか安いか?

公開日:

 2月23日にスタートした合宿から約1カ月間、WBCのために拘束された侍ジャパンの面々が手にする報酬はいくらなのか。球界OBが言う。

「NPBからの出場手当は、過去3大会では200万円。06年と09年は大会後に倍増されましたが、それは世界一のボーナスです。選手の話では、今回も過去の大会と同程度だと言います。それとは別に1次ラウンド1位通過で30万ドル(約3300万円)、2次ラウンド1位通過で40万ドル(約4500万円)の賞金がWBC主催者から出され、13年大会を参考にすると準決勝敗退でもさらに160万ドル(約1億7700万円)が支払われる。その賞金総額の半分を首脳陣、選手、スタッフで折半することになる」

 代表選手は日の丸のユニホームに袖を通し、大きなプレッシャーを背負う。ペナントレース開幕の1カ月も前に体を仕上げて大会に臨むから、肉体的、精神的にも負担は大きく、故障のリスクもある。こうした“激務”を考えれば、この手当が果たして割に合うのかどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る