• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

侍J戦士が手にする“出場手当” 200万円は高いか安いか?

 2月23日にスタートした合宿から約1カ月間、WBCのために拘束された侍ジャパンの面々が手にする報酬はいくらなのか。球界OBが言う。

「NPBからの出場手当は、過去3大会では200万円。06年と09年は大会後に倍増されましたが、それは世界一のボーナスです。選手の話では、今回も過去の大会と同程度だと言います。それとは別に1次ラウンド1位通過で30万ドル(約3300万円)、2次ラウンド1位通過で40万ドル(約4500万円)の賞金がWBC主催者から出され、13年大会を参考にすると準決勝敗退でもさらに160万ドル(約1億7700万円)が支払われる。その賞金総額の半分を首脳陣、選手、スタッフで折半することになる」

 代表選手は日の丸のユニホームに袖を通し、大きなプレッシャーを背負う。ペナントレース開幕の1カ月も前に体を仕上げて大会に臨むから、肉体的、精神的にも負担は大きく、故障のリスクもある。こうした“激務”を考えれば、この手当が果たして割に合うのかどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る