疲労の表面化はこれから 失意の侍Jを襲うWBCの“後遺症”

公開日: 更新日:

 その瞬間、ベンチの内川が目を真っ赤に腫らして天を仰げば、中田と菊池はボウ然とグラウンドを見つめて視線が定まらない――。

 21日(日本時間22日)、WBC準決勝で米国に敗退した日本代表ナインのショックは察して余りあるが、この大会で受けたダメージが表面化するのはこれから。疲弊した心身が、今後のシーズンに及ぼす影響は少なくないからだ。

■登録抹消に故障者リスト入り

 中でも普段とは大きさも質も異なるWBC球を扱った投手はダメージが大きい。

 例えば13年の前回大会に出場した前田(現ドジャース)は開幕後、右上腕三頭筋筋膜炎で登録抹消。その後、右脇腹痛を併発し、交流戦まで離脱を繰り返した。岩隈(現マリナーズ)は09年のWBC後、開幕投手を務めるも59球で降板。6月末には登録抹消の憂き目にあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る