疲労の表面化はこれから 失意の侍Jを襲うWBCの“後遺症”

公開日: 更新日:

 その瞬間、ベンチの内川が目を真っ赤に腫らして天を仰げば、中田と菊池はボウ然とグラウンドを見つめて視線が定まらない――。

 21日(日本時間22日)、WBC準決勝で米国に敗退した日本代表ナインのショックは察して余りあるが、この大会で受けたダメージが表面化するのはこれから。疲弊した心身が、今後のシーズンに及ぼす影響は少なくないからだ。

■登録抹消に故障者リスト入り

 中でも普段とは大きさも質も異なるWBC球を扱った投手はダメージが大きい。

 例えば13年の前回大会に出場した前田(現ドジャース)は開幕後、右上腕三頭筋筋膜炎で登録抹消。その後、右脇腹痛を併発し、交流戦まで離脱を繰り返した。岩隈(現マリナーズ)は09年のWBC後、開幕投手を務めるも59球で降板。6月末には登録抹消の憂き目にあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  6. 6

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  7. 7

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  8. 8

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る