実績ゼロでも有力候補 侍ジャパン次期監督選びは問題山積

公開日: 更新日:

 米国に敗戦後、日本代表の小久保監督(45)は「これで任期満了です」と発言、退任の意向を表明した。

 日本としては初となる、予選ラウンド無傷の6戦全勝で準決勝に進出。NPB内部からは、「手腕を疑問視する声が多方面から出ていたのは承知しているが、この結果は立派。小久保ジャパンの成否については予選の戦いを踏まえて検証する必要がある」と任期延長に含みを持たせる声も出ていたものの、それを指揮官自らシャットアウトした格好である。

 次期日本代表監督は、そのまま20年東京五輪を率いることになる。

「地元開催の東京で3大会ぶりに復活する野球の監督が誰になるのか、これは国民的関心事だ。アマ側の意見も聞き、尊重しながら、選考過程はより明確に透明性を持って進めなければいけない」

 とは、セ球団幹部。そこで、過去の五輪とWBCを率いた歴代の日本代表監督を中心とした選考委員会の設置が検討されており、現段階で早くも複数のプロ野球OBの名前が次期監督候補として挙げられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る