OP戦最下位で馬車馬必至…巨人菅野にもう“開幕GOサイン”

公開日: 更新日:

 WBCに出場した日本代表はこの日(23日)、帰国した成田空港で一様に疲れた表情を見せた。しかし、激戦の疲れが出るのはこれからだ。特に大変なのは投手である。なにせボールからして違う。オフの間、滑るWBC球しか握ってこなかった投手が多い。準決勝の米国戦で6回1失点の好投を見せた巨人菅野智之(27)はさらに過酷。すでに31日の開幕投手に内定しているのだ。

 過去3度のWBCで、帰国後に開幕投手を務めた投手は6人しかいない。所属球団の監督が配慮することが多いためだ。6人のその年の成績を見ると……。

・1回大会(06年)=上原(当時巨人)8勝9敗

・2回大会(09年)=ダルビッシュ(同日本ハム)15勝5敗、涌井(同西武)16勝6敗、岩隈(同楽天)13勝6敗、小松(同オリックス)1勝9敗

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る