日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

OP戦最下位で馬車馬必至…巨人菅野にもう“開幕GOサイン”

 WBCに出場した日本代表はこの日(23日)、帰国した成田空港で一様に疲れた表情を見せた。しかし、激戦の疲れが出るのはこれからだ。特に大変なのは投手である。なにせボールからして違う。オフの間、滑るWBC球しか握ってこなかった投手が多い。準決勝の米国戦で6回1失点の好投を見せた巨人の菅野智之(27)はさらに過酷。すでに31日の開幕投手に内定しているのだ。

 過去3度のWBCで、帰国後に開幕投手を務めた投手は6人しかいない。所属球団の監督が配慮することが多いためだ。6人のその年の成績を見ると……。

・1回大会(06年)=上原(当時巨人)8勝9敗

・2回大会(09年)=ダルビッシュ(同日本ハム)15勝5敗、涌井(同西武)16勝6敗、岩隈(同楽天)13勝6敗、小松(同オリックス)1勝9敗

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事