日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

谷原秀人が米ツアー自己最高4位 マスターズ出場権獲得

【WGCデル・マッチプレー】

 準決勝に進出した谷原秀人(38)が、世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(32)と対戦した。

 ドライバー平均飛距離は316.2ヤードと米ツアー屈指の飛ばし屋として知られ、ここ2戦連続優勝と今年に入って絶好調だ。

 谷原は7番まで3ダウンと劣勢を強いられたが、後半に入り13番、14番と連続バーディーを奪いジョンソンに追いついた。

 しかし17番パー3(139ヤード)はグリーンオーバーの谷原に対して、ジョンソンはウエッジでピンそば2メートルにピタリ。このホールを奪われ、18番まで粘ったが1ダウンと競り負けた。

「前半はショットもパットもダメだった。後半になって何とか噛み合ってきた。ジョンソンは勝負強い。ドライバーは飛ぶし、アイアンもパットもうまかった」(谷原)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事