46位発進の松山英樹 マスターズへ心配される「過密日程」

公開日:  更新日:

 3年連続3度目出場の松山英樹(25)がベイヒル名物の浮き島グリーン、17番パー3でティーショットが池につかまり、トリプルボギー。初日はこのトラブルが響いて、73で回り、1オーバー46位。一昨年21位、昨年6位と会場との相性はいいが今年は出遅れた。

 ただ、3週間後に迫った今季メジャー初戦のマスターズ(4月6日開幕)に向けて過密スケジュールを心配する声もある。

 というのも今週は世界ランクトップ10のうち、1位D・ジョンソン、6位J・スピース、7位J・トーマス、8位A・スコット、10位S・ガルシアの5選手が欠場したからだ。

 米ゴルフ事情に詳しい吉川英三郎氏がこう言う。

「2年前はマスターズの後に開催されていたWGCマッチプレーが、昨年からマスターズの2週前に移動しました。そこで、マスターズに向けてパーマー招待に出るか、WGCマッチプレーに出るかトッププロたちが悩んでいます。さらに例年フロリダで行われていたWGCキャデラック選手権が、今年からWGCメキシコ選手権に変更になり、2500メートル近い高地での試合に体調を崩す選手が相次ぎ、体力的にも消耗が激しい。だから今週スキップして体を十分休めて、来週のマッチプレーからマスターズへという選手がいるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る