• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

46位発進の松山英樹 マスターズへ心配される「過密日程」

 3年連続3度目出場の松山英樹(25)がベイヒル名物の浮き島グリーン、17番パー3でティーショットが池につかまり、トリプルボギー。初日はこのトラブルが響いて、73で回り、1オーバー46位。一昨年21位、昨年6位と会場との相性はいいが今年は出遅れた。

 ただ、3週間後に迫った今季メジャー初戦のマスターズ(4月6日開幕)に向けて過密スケジュールを心配する声もある。

 というのも今週は世界ランクトップ10のうち、1位D・ジョンソン、6位J・スピース、7位J・トーマス、8位A・スコット、10位S・ガルシアの5選手が欠場したからだ。

 米ゴルフ事情に詳しい吉川英三郎氏がこう言う。

「2年前はマスターズの後に開催されていたWGCマッチプレーが、昨年からマスターズの2週前に移動しました。そこで、マスターズに向けてパーマー招待に出るか、WGCマッチプレーに出るかトッププロたちが悩んでいます。さらに例年フロリダで行われていたWGCキャデラック選手権が、今年からWGCメキシコ選手権に変更になり、2500メートル近い高地での試合に体調を崩す選手が相次ぎ、体力的にも消耗が激しい。だから今週スキップして体を十分休めて、来週のマッチプレーからマスターズへという選手がいるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る