46位発進の松山英樹 マスターズへ心配される「過密日程」

公開日:  更新日:

 3年連続3度目出場の松山英樹(25)がベイヒル名物の浮き島グリーン、17番パー3でティーショットが池につかまり、トリプルボギー。初日はこのトラブルが響いて、73で回り、1オーバー46位。一昨年21位、昨年6位と会場との相性はいいが今年は出遅れた。

 ただ、3週間後に迫った今季メジャー初戦のマスターズ(4月6日開幕)に向けて過密スケジュールを心配する声もある。

 というのも今週は世界ランクトップ10のうち、1位D・ジョンソン、6位J・スピース、7位J・トーマス、8位A・スコット、10位S・ガルシアの5選手が欠場したからだ。

 米ゴルフ事情に詳しい吉川英三郎氏がこう言う。

「2年前はマスターズの後に開催されていたWGCマッチプレーが、昨年からマスターズの2週前に移動しました。そこで、マスターズに向けてパーマー招待に出るか、WGCマッチプレーに出るかトッププロたちが悩んでいます。さらに例年フロリダで行われていたWGCキャデラック選手権が、今年からWGCメキシコ選手権に変更になり、2500メートル近い高地での試合に体調を崩す選手が相次ぎ、体力的にも消耗が激しい。だから今週スキップして体を十分休めて、来週のマッチプレーからマスターズへという選手がいるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る