• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

川岸史果が逆転負け ゴルフ界「2世は大成しない」本当か

【ダイキンオーキッドレディス 最終日】

 自滅した。単独首位で最終日を迎えた川岸史果(22)が、1バーディー、5ボギーの76と大崩れ。2打差2位でスタートしたアン・ソンジュに逆転され、ツアー初優勝を逃した。

 父は男子ツアー6勝の実績を持ち、「怪物」と呼ばれた良兼(50)。川岸が2日目に65、3日目に68のビッグスコアを叩き出すと、そんな父になぞらえたスポーツ紙は、「日本初の父娘ツアーVに王手!!」とデカデカと報じた。が、にわかに浴びたスポットライトにプレッシャーがかかったか、この日はアイアンとパットが乱れてボギーが先行。16番でアンに逆転され、相手のミスにより17番で再び並んだものの、最後は経験の差を見せつけられた。

 通算5アンダーのトップタイで迎えた18番パー5は、2オンを狙ったショットをグリーン右に外すと、アプローチはピンを大きくオーバー。グリーンの外からパターで打った4打目は、無情にもカップの手前で左にそれた。アンは花道からのアプローチをピン下につけ、約4メートルのバーディーパットを沈めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る