日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マリナーズ岩隈 ベテラン特権生かした“スロー調整”の狙い

 マリナーズ・岩隈久志(35)が4日(日本時間5日)のアストロズ戦に先発として登板。6回2失点で負け投手となった。試合はアストロズが2―1で勝った。

 昨季、自己最多の16勝(12敗)をマーク。キャンプ、オープン戦と、エース右腕ヘルナンデス(ベネズエラ)らWBC各国代表の投手が急ピッチで仕上げるのを尻目にスロー調整を続けてきた。

 首脳陣から容認されたメジャー6年目の特権を生かし、ブルペンでの球数は多くても30球程度。少ない球数でキレや制球よりも、投球フォームのバランスを重視した投げ込みを行ってきた。オープン戦は6試合登板と、昨季までとほぼ変わらないが、投球回は17回3分の2でメジャー移籍後最少にとどめた。オープン戦の防御率7.13は自己ワーストも「仕上がりは悪くないので問題ない」と自信たっぷりに話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事