• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

OP戦最終投は3回0封も…好調マエケンに“投げ急ぎ”リスク

 メジャー2年目のドジャース・前田健太(28)が30日(日本時間31日)のエンゼルス戦に登板し、3回を無安打無失点、4奪三振。トラウト、プホルスら長距離砲が並ぶエンゼルス打線をわずか29球で封じ、オープン戦最終マウンドを締めくくった。

 スタミナ切れでシーズン中盤以降に失速した昨季の反省から、2年目の今季は最小限の球数で打ち取る投球を心掛けている。オープン戦は5試合、計15イニングで2勝1敗、防御率3.00。3イニング以上を投げた3試合はいずれも30球以内でまとめ、理想とする投球を実践した。

 前田は「少ない球数で抑えられた。いい形で開幕を迎えられる」と手応えを口にしているが、オープン戦では球数を抑える意識が先行し、追い込んだり、投手有利なカウントからでも投げ急ぐ傾向があった。そのあまり、制球ミスにつながるケースも。マイナー選手もいるオープン戦では痛打を浴びることはなかったが、開幕すれば打者も調子を上げるだけに、下手な投げ急ぎは命取りになりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る