OP戦最終投は3回0封も…好調マエケンに“投げ急ぎ”リスク

公開日: 更新日:

 メジャー2年目のドジャース・前田健太(28)が30日(日本時間31日)のエンゼルス戦に登板し、3回を無安打無失点、4奪三振。トラウト、プホルスら長距離砲が並ぶエンゼルス打線をわずか29球で封じ、オープン戦最終マウンドを締めくくった。

 スタミナ切れでシーズン中盤以降に失速した昨季の反省から、2年目の今季は最小限の球数で打ち取る投球を心掛けている。オープン戦は5試合、計15イニングで2勝1敗、防御率3.00。3イニング以上を投げた3試合はいずれも30球以内でまとめ、理想とする投球を実践した。

 前田は「少ない球数で抑えられた。いい形で開幕を迎えられる」と手応えを口にしているが、オープン戦では球数を抑える意識が先行し、追い込んだり、投手有利なカウントからでも投げ急ぐ傾向があった。そのあまり、制球ミスにつながるケースも。マイナー選手もいるオープン戦では痛打を浴びることはなかったが、開幕すれば打者も調子を上げるだけに、下手な投げ急ぎは命取りになりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  7. 7

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る