日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

OP戦最終投は3回0封も…好調マエケンに“投げ急ぎ”リスク

 メジャー2年目のドジャース・前田健太(28)が30日(日本時間31日)のエンゼルス戦に登板し、3回を無安打無失点、4奪三振。トラウト、プホルスら長距離砲が並ぶエンゼルス打線をわずか29球で封じ、オープン戦最終マウンドを締めくくった。

 スタミナ切れでシーズン中盤以降に失速した昨季の反省から、2年目の今季は最小限の球数で打ち取る投球を心掛けている。オープン戦は5試合、計15イニングで2勝1敗、防御率3.00。3イニング以上を投げた3試合はいずれも30球以内でまとめ、理想とする投球を実践した。

 前田は「少ない球数で抑えられた。いい形で開幕を迎えられる」と手応えを口にしているが、オープン戦では球数を抑える意識が先行し、追い込んだり、投手有利なカウントからでも投げ急ぐ傾向があった。そのあまり、制球ミスにつながるケースも。マイナー選手もいるオープン戦では痛打を浴びることはなかったが、開幕すれば打者も調子を上げるだけに、下手な投げ急ぎは命取りになりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事