プロ初勝利に素朴対応 ドラ1佐々木に漂う“ロッテらしさ”

公開日: 更新日:

 控えめに、プロ初勝利の喜びをかみしめた。

 ロッテのドラフト1位・佐々木千隼(22=桜美林大)が6日の日本ハム戦にプロ初先発。ストレートの制球に苦しみ6四球を与えたものの、カーブ、スライダー、シンカーを有効に使って5回1失点。五回には大谷に対し、シンカーで空振り三振を奪ってガッツポーズも。試合後の会見では「最初に勝てて凄い良かった。1つ勝つことは大変。これから、もっともっと成長し、勝ちを増やしていきたい」と、素朴な受け答えが初々しかった。

 日野高から桜美林大を経て、外れ1位としては過去最多となる5球団の競合の末、ロッテに入団した。マウンドでは厳しい顔つきで闘争心をあらわにするが、普段は寡黙な好青年だ。昨年、ドラフト指名会見を桜美林大で行った後、詰めかけた報道陣に対し、「今日は遅い時間まですみません。今後ともどうぞよろしくお願いします」と、深々と頭を下げて感心された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  9. 9

    テスト大会で浮き彫り…東京五輪「立候補ファイル」の大嘘

  10. 10

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る