プロ初勝利に素朴対応 ドラ1佐々木に漂う“ロッテらしさ”

公開日:  更新日:

 控えめに、プロ初勝利の喜びをかみしめた。

 ロッテのドラフト1位・佐々木千隼(22=桜美林大)が6日の日本ハム戦にプロ初先発。ストレートの制球に苦しみ6四球を与えたものの、カーブ、スライダー、シンカーを有効に使って5回1失点。五回には大谷に対し、シンカーで空振り三振を奪ってガッツポーズも。試合後の会見では「最初に勝てて凄い良かった。1つ勝つことは大変。これから、もっともっと成長し、勝ちを増やしていきたい」と、素朴な受け答えが初々しかった。

 日野高から桜美林大を経て、外れ1位としては過去最多となる5球団の競合の末、ロッテに入団した。マウンドでは厳しい顔つきで闘争心をあらわにするが、普段は寡黙な好青年だ。昨年、ドラフト指名会見を桜美林大で行った後、詰めかけた報道陣に対し、「今日は遅い時間まですみません。今後ともどうぞよろしくお願いします」と、深々と頭を下げて感心された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る