日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開幕戦先発の重責果たす 石川歩“流されない一匹狼”の極意

 開幕戦先発の大役を任された石川歩(28=ロッテ)が責任を果たした。

 キューバ打線を相手に4回2安打1失点。安打と失策で無死一、二塁のピンチを招いた初回こそ硬さが見られたものの、その後は気負いを感じさせなかった。

「あまり緊張しなかったので、いつも通り(試合に)入れました。もうちょっと緊張したかったくらい。ストライクが先行できず、苦しいピッチングになってしまいましたが、野手の方に助けられた」(石川)

 そんな石川を、「常に飄々と淡々としている。マウンドでもグラウンドの外でもそう。飄々と淡々と抑える。いい味を持っている」と評し、かねて高く買っていたのが、日本代表の権藤投手コーチ。これが、最も重圧のかかる開幕戦の先発に抜擢した理由だろう。

 侍ジャパンの関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事